事務局

聖路加国際病院 小児外科
〒104-8560
東京都中央区明石町9-1

お問合せ先

第34回
日本小児外科学会秋季シンポジウム
PSJM2018 運営準備室
〒810-0041
福岡市中央区大名2-6-5
天神西通り館6F
TEL: 092-715-0633
FAX: 050-3730-8614
E-Mail: contact@psjm2018.com

演題募集

演題登録はホームページからのオンライン登録のみとします。
演題募集期間はどの学会も同じです。
画面下部の「新規登録」ボタンより登録をお願いいたします。

Ⅰ. 演題募集期間

2018年 6月13日(水)~ 7月18日(水)
7月31日(火)まで延長いたしました

締切日間近になりますとアクセスが集中して、接続しにくくなることがございますので、
お早めにご登録ください。

Ⅱ. 応募カテゴリー

第34回日本小児外科学会秋季シンポジウム

主題「総排泄腔遺残」

要望演題:

  • 1. 総排泄腔遺残症の治療戦略
    • (1) 初期診療の諸問題
      総排泄腔の評価、併存疾患の検査と初期治療
    • (2) 短共通管症例の長期成績を見据えた治療戦略
      肛門形成術、尿道形成術、膣形成術、total urogenital mobilization等
    • (3) 長共通管症例の長期成績を見据えた治療戦略 (一部指定)
      直腸肛門形成術、尿道形成術、膣形成術と手術時期
  • 2. 総排泄腔外反症の治療戦略
    • (1) 臍帯ヘルニア、膀胱腸裂に対する初期治療
    • (2) 消化管、泌尿生殖器、骨盤・脊椎などの形成異常に対する治療戦略
  • 3. 移行期医療(総排泄腔遺残症・総排泄腔外反症)(一部指定)
    • 思春期・成人期を迎えた患者の諸問題

<文字数>抄録本文 全角800文字

第38回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会

主題「総排泄腔遺残、総排泄腔外反症における再建術式」
(治療難渋例などの症例報告も歓迎します)

副主題:

  • 1. 先天性胆道拡張症に対する手術手技の向上
  • 2. 門脈系の手術
  • 3. 安全性向上に向けた工夫

一般演題:

  • 1. 上部消化管
  • 2. 下部消化管(小腸を含む)
  • 3. 直腸・肛門
  • 4. 肝・胆道・膵
  • 5. 横隔膜・胸壁
  • 6. 呼吸器
  • 7. 泌尿・生殖器
  • 8. 体表・腹壁
  • 9. 腫瘍
  • 10. その他、小児内視鏡手術、直視下手術に関する演題を広く募集します

<文字数>抄録本文 全角400文字

第29回日本小児呼吸器外科研究会

主題「気道狭窄の治療とQOLの向上をめざして」

要望演題:

  • 1. 気道狭窄
    • (1) 先天性気管狭窄 (一部指定)
      手術適応と手術時期、気管気管支例の治療、片肺無形成例の治療、難治例など
    • (2) 声門下狭窄
    • (3) 気管軟化症
    • (4) 腫瘍などによる気道狭窄
    • (5) 気管切開の工夫と離脱
  • 2. 嚢胞性肺疾患
    • (1) 病理検討なし
    • (2) 病理検討あり

<文字数>抄録本文 全角400文字

第48回日本小児外科代謝研究会

主題「重症心身障害児(者)の栄養管理」

要望演題:

  • 1. 重症心身障害児(者)の栄養管理
    • (1) 栄養評価
    • (2) 静脈栄養
    • (3) 経腸栄養(栄養剤、胃瘻、腸瘻など)
    • (4) 半固形化栄養法(ミキサー食を含む)
    • (5) 在宅栄養管理
    • (6) その他
  • 2. その他

<文字数>抄録本文 全角400文字

第75回直腸肛門奇形研究会

主題「直腸肛門奇形に合併する泌尿・生殖器異常」

要望演題:

  • 1. 直腸肛門奇形に合併する泌尿・生殖器異常の診断と治療
  • 2. 病型別および特殊型に対する診断と治療(直視下・内視鏡下)
  • 3. 術後合併症と再手術
  • 4. 排便機能と評価
  • 5. 移行医療
  • 6. その他

<文字数>抄録本文 全角400文字

第23回日本小児外科漢方研究会

主題「誰でも使える小児漢方」

要望演題:

  • 1. 便秘
  • 2. 肛門周囲腫瘍
  • 3. リンパ管腫
  • 4. GER

一般演題:

  • その他、稀な症例報告から臨床実験まで幅広く募集します

<文字数>抄録本文 全角400文字

Ⅲ. 演題登録方法

インターネットによるオンライン登録のみです。
ブラウザは、Internet Explorer、Mozilla Firefox、Safariの最新バージョンを推奨しております。
暗号通信のご利用をお勧めいたします。
暗号通信ではデータが暗号化されているため、安全に送受信が可能です。
一方、平文通信では、情報の通り道でデータの盗聴や改ざんの可能性があります。
平文通信は施設やプロバイダーなどの設定や環境に問題があり、暗号通信が使えない場合に限ってご利用ください。

なお、第34回日本小児外科学会秋季シンポジウムは、多くのセッションをシンポジウム形式で行いじっくり討論いたします。このため、採用演題数に限りが生じます。第38回日本小児内視鏡外科・手術手技研究会と第75回直腸肛門奇形研究会にご協力頂き、より多くの方に発表して頂ける機会を設けました。第34回日本小児外科学会秋季シンポジウムにご応募いただいた演題につきまして、同時期開催のPSJM2018いずれかの研究会での発表に変更をお願いする場合がございます。同意いただける場合はチェックボックスにチェックをお願いいたします。また、他研究会での発表に変更になった場合には、再度400文字の抄録を提出していただきますので、予めご了承ください。

Ⅳ. 登録番号とパスワード

登録番号とパスワードが発行されます。演題確認・修正・削除に必要となりますので、忘れずに控えてください。

Ⅴ. 演題確認・修正・削除

  • 1. 登録番号とパスワードを用いて、演題登録期間中に限り抄録の修正・削除が可能です。
  • 2. 投稿された抄録は、原則として校正されずそのまま印刷されます。提出者の責任において正確に作成してください。演題名・抄録本文のほか、共同演者名についても十分ご確認ください。
  • 3. 登録締切後の抄録の変更、および共著者の追加・変更は一切できません。

Ⅵ. 演題受領通知

  • 1. ご入力のメールアドレス宛に「登録完了確認メール」が自動配信されますので、確認メールを以て演題登録の受領通知といたします。

    確認メールがお手元に届いたことを必ずご確認ください。

    (通常、ご登録後5~10分以内に送信)
  • 2. セキュリティー保護のため、事後の登録番号とパスワードのお問合せには応じられませんので、発行された登録番号とパスワードを必ずお控えください。
  • 3. 1~2日経過しても登録完了確認メールがお手元に届かない場合は、メールアドレスが正しくご登録されていない可能性がございますので、「確認・修正・削除」ボタンよりご自身の登録画面に入り、正しくご登録されているかご確認ください。

Ⅶ. 演題の採否

演題の採否はご提出いただいた抄録をもとに各会長に一任させていただきます。
演題の採否・発表日時通知は8月下旬に演題登録時に入力いただいたE-mailアドレスにお送りいたします。

演題登録

お問い合せ

第34回日本小児外科学会秋季シンポジウム/PSJM2018運営準備室

〒810-0041 福岡市中央区大名2-6-5 天神西通り館6F
TEL:092-715-0633 FAX:050-3730-8614
E-mail: contact@psjm2018.com